• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

動画撮ってみる④

動画て、沈黙したままだと退屈になるんで、頑張って話しながら釣りしています。
(他の人から見れば、独り言しながら釣りをする変人に見えるだろうな。)
セリフを考えながら話しているんで、動画には「え~~~」という言葉が多いス(笑)

動画状況を気にしながら、セリフを考え、魚を掛ける・・・
大変でした・・・

さて、動画を撮ったら、多少編集します。
編集しないという手もありますが、ダラダラしたものだと退屈なものになります。

自分はHX-A500の方だけダウンロード出来る HD Writer WE 2.0 で、勉強中です。
PC200541_convert_20151220112741.jpg
これまでの動画は、このソフトで編集したものです。

機能的には、必要最小限。
出来ないことを書いてみると
①ショートムービーストーリー(HX-A500 画面設定の動画参考)以外、効果音・BGMがありませんので、素材を探さなければなりません。とりあえずフリーソフトを活用。
 ただし、BGMの長さが10秒以上必要なので、瞬間的な効果音を入れることは出来ない。
②ショートムービーストーリー以外、同じ画素数/フレームレートでなければ、結合編集は出来きない。
③画素数/フレームレートの変換は3840×2160/30pから1920×1080/30pしか出来ない。
④動画容量が、DVD-Rの容量より多くても、エラーが出ない。そのまま書き込みが開始し、途中で動画が切れることになる。
 (DVD-Rの書き込み容量は3.99GB 1920×1080/30pだと40分程)


それから動画の確認は、スマホでもできます。
Image Appというアプリをインストールすると、Wifi機能で確認できる他、カメラの操作も出来ます。

連続使用または、スマホを危険にさらす可能性が低い方はHX-A1H + スマホ操作の方が、使いやすいかもしれません。

私は動作時間を少しでも長くするため、WiFi機能を使用しないことを選択した他に、昼休みにはスマホ用の予備バッテリーで追い充電しながら、スマホで動画確認していました。


最後の動画は61cmを釣った時の、ヒット+ファイティングシーン!
画面はスタンダードなのですが、外側の画像が魚眼ぽくなっても、ワイド画面方がよさそうです
動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正無し・ブレ補正無し
[広告] VPS


ウェアラブルカメラについては、以上
スポンサーサイト

動画撮ってみる③

HX-A500の画面設定の動画・・・
1番人気だな・・・1週間で1000回の視聴だし・・・
みんな、釣りではなく、カメラに興味があるのかな・・・

さて、マイクロSDの容量と、解像度の設定が決まると、いよいよ撮影となるわけですが、ここで問題になるのが、自分の目線とカメラの方向を合わせることです。

これまた、意外と難しい・・・

左右・傾きはモニターで確認できますが、上下方向が問題。

モニターで確認する時点でズレます。
(自分は、綺麗な風景を撮りたがって、上向きになる・・・)

では、どうするか???

自分の姿を鏡などで映して、目線とカメラの上下方向を確認します。
(現場では、車のガラスで写った姿で確認!)

↓カメラが上すぎて、よくわからん動画。 風景は良好ですれどね(笑)
動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正強・ブレ補正有
[広告] VPS


雨については、防水のため問題ありませんが、さすがにレンズに付く水滴対策はしなければなりません。
対策として、車用のミラーコートというものを塗布し、観察中です。

それから、モニターの画面は、キズが付きやすいので、100均でスマホ用のキズ防止フィルムを張りました。


↓は雨の中、モトさんとの釣行記。 水滴が邪魔しているのが確認できます。
動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正無し・ブレ補正無し
[広告] VPS

モトさんの華麗なる、ランディングシーンを御覧ください。
(途中で大声を出しているが、気にならない・・・音量補正があるのかな?)

自分の視野に合わせるには、ワイド画面かなぁ~

動画撮ってみる②

前回の動画「荒雄川の虹バス(笑)①」では、一日に3回しか見れないのに、650回を超える視聴
ありがとうございます。

さて、マイクロSDは、頑張って32GB以上を買うとして、次に悩むのは画素数やその他の設定です。

HX-A500には 
3840×2160/30p : 4K
1920×1080/60p・30p : ハイビジョン
1280×720/60p・30p : 高画質なインターネット画質
848×480/30p : インターネットに早くup出来る画質

等、色々あるのですか、保管方法をどうするかによって、画素数の判断になると思います。

私は、編集してDVDに納めることを考えているのですが、試してみると1920×1080/60pで、DVDに記録できる時間と容量は、23分・4GB程。
いくら編集するとしても、23分という時間はちょっと辛い。
今後の設定画素は1920×1080/30pになりそうです。

それから、設定機能として「傾き補正」と「ブレ補正」ですが、3840×2160/30p・1920×1080/60p・1280×720/60p、または、ワイド画面だと、設定できないほか、視野が狭くなります。

視野の広さ感覚は
広い 3840×2160/30p ≒ 1920×1080/60p・30pワイド画面 = 1280×720/60p・30pワイド画面
普通 1920×1080/60p・30pスタンダード画面 = 1280×720/60p・30pスタンダード画面
狭い 1920×1080/30p傾き・ブレ補正 = 1280×720/30p傾き・ブレ補正
です。

視野の幅感覚と、動画的にはロッドのディップが見えた方が良いので、補正無しのスタンダード画面か、ワイド画面になります。

視野の広さ感覚を動画にしてみました。
[広告] VPS

(動画にしたら、分りずらいかな???)

それに、傾き補正・ブレ補正をすることで、速い動きについてこれず、かえってゆれている様な気がします。
(最新機種のHX-A1Hに、傾き補正・ブレ補正を付けなかったのは、ここに原因があるのでは・・・)

動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正強・ブレ補正有
[広告] VPS


今回は、ここまで。

次回は実践編かな?

動画撮ってみる①

私が買ったのはパナソニック製のHX-A500


購入にあたり、最新機種のHX-A1Hと、どちらを買うか悩みました。
fig-02.png
検討内容として
①電池の容量がHX-A1Hより大きい。
②移動中は切にするので、ON・OFFのしやすい方。
③傾き補正、ブレ補正がある。
※最新画質の4K対応ではあるが、4Kに対して興味はなかった。

で、HX-A500にしました。
(HX-A500・HX-A1Hとも、スマホにアプリをインストールし、WiFi接続で操作できますが、川でスマホを使うのにはリスクが・・・)
また、後で説明しますが、傾き補正・ブレ補正は使わないことになりそうです。


購入機種が決まると、次に悩むのはメモリーです。
マイクロSDを別購入しなければなりません。

容量が多いことに越したことはないのですが、高価ですからねぇ~

移動時にはOFFにして、昼休みの1時間で追充電して1日持ちましたが
(連続稼働は2時間半程だと思う。)
その時の、使用容量が18GB程。

頑張って、32GB以上を買った方が良さそうです。
(私は最初16GBを買ったので、買いなおしました)

また、4K撮影するには、マイクロSDの「CLASS」規格の「10」が必要です。
(CLASSというのは、入力速度のようです。)

マイクロSDについては以上

動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30Pワイド画面
[広告] VPS

HX-A500を買うとインストール出来る編集ソフト「HD Write WE 2.0」でトリミングしたものです。
※現在、取扱い説明書のアドレスで直接リンク出来ませんが、検索すると、たどり着けます。

字幕編集勉強中なので、視聴には音量を最大にして、なまりを堪能してください。(笑)

釣り終了・・・

掲示が遅れましたが、11月で荒雄川も終了!
鬼首
これにて、今年の釣りは終了です。

今シーズン、サクラ鱒については、頼みの綱である秋田県の釣り規定が変わり、残念ながらポーズとなりましたが、

ここ荒雄川では、釣れる虹君の3分の1が50upと、たいへん楽しませていただきました。

秋田の漁協には恨み節ですが、鳴子漁協には感謝です。

なんたって、最後の釣行となった11月29日(日)に、自身2本目の


60UP (測定61cm)
61cm.jpg
(カーディナル33がおもちゃに見える・・・)

大物ゲットで、今年を締めくくる・・・

良い気持ちで、納竿です。

それから、11月に入ってから、こんな物で楽しんでいました。
ウェアラブルカメラ
ウェアラブルカメラ

秋田の寒サクラは無いんで、来シーズンの釣り開始までは、今年購入した製品の感想を書き込みたいと思います。
プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード