• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

アンチ・プリン その2

 さて、いよいよ本題に入りますが、今回、下巻きとして使ったのが
3m-2lw.jpg
ストラッピングテープ~(ドラえもん風)
「YOKOMO」というタグがついていますが、中身はスコッチ3M社製。
(メイド・イン・カナダと書いているので、日本のカタログには無いかも)

 一般的にはグラステープと呼ばれていましたが、透明テープにグラス繊維が貼り付けられていて伸びに強いテープです。
 また、このテープ、先端に切れ目を入れて引っ張ると・・・
P8240040_convert_20080826201820.jpg
 このように、同じ幅で切れてくれます。

 この性質を利用して、約9mm幅からスプールに巻き付け徐々に広げていきます。
(自分は9mmから始め、3周ごとに切断し広げていきました。また、偏りが出ないように巻き初めの位置を、その都度変えています。)

 そして、外径約36mmになったところで、階段状に巻いていきます。(約6mm幅3巻き・約3mm幅3巻き)
で、出来上がりが↓
スプール1

 これにバリバス4lbs・91mを巻いた状態が
これ↓
スプール2
 なかなかの、もんでしょぉ

 コツとしては、ストラッピングテープを出来るだけきつく巻くこと・・・
 一度、ラインを解きましたが、ストラッピングテープに、しわがありました。(ラインの圧力ってすごいんだね)
 
 このテープ、18mm幅で1400円位と高かめなのですが、伸びづらい性質を利用して上手く使えば
P8050001_convert_20080809210503.jpg
 ブーツのフェルト貼りにもピッタシ
 もちろん、テープの上から木づちでたたけます。(これの苦労て、やった人しかわかんないよね
 
 以上、参考として載せさせて頂きました。(しまった、オチが無い!)

注1:あくまでも参考です。自己責任でお願いします。
注2:ストラッピングテープ以外でもOKですが、仕上げが硬くなるものがよろしいかと思います。
注3:他社で類似品がありますが、同じ幅で切れるのはスコッチ3M社だけでした。
注4:残念なからホームセンターでは確認できませんでした。ラジコン屋に「YOKOMO」タグで販売しています。
 ネットで買うなら
[ストラッピングテープ]
で購入できます。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード