• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

復活!

 釣り雑誌を読むと、ブレットンとコンデックス5430が第一線で使えるようなので、昔のタックルボックスから取り出すと錆びと汚れだらけ・・・

 うかつにピカールなんかで磨くと金色が取れちゃうんだよねぇ~

 で、使ったのが「ニューテガール」という金属磨き液。
P8070009_convert_20080809210325.jpg


 仏壇屋さんで800円くらい・・・

 これをプラスチック容器に入れ、水で20~30倍に薄め3分ほど漬けるとぉ~
ブレットン

 新品とまではいかないが、輝きを取り戻す事に成功
 (左が処理後で右が処理前だったが、写真の撮り方が下手だったね・・・)

 これの良いところは、塗装を傷めないのでブレードの点々が残ること。

 もちろん、これで仏壇の装飾品を磨いてあげれば、おじいちゃん・おばあちゃんから感謝され、今後の釣りにも行きやすくなること、まちがいなし

 以上!、 お盆前にピッタシの話題でした・・・
(紹介した製品の使用については自己責任で、お願いします。)

※注:パンサー(スピーナー)のボディーの塗装が落ちることが判明しましたので、ニューテガールで処理しないでください。

 


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード