• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

コルクグリップ・・・

 今回はコルククリップ補修のお話しを・・・(お役に立たない率70%)

 事の発端は、バス用ロッドのグリッブに汚れと傷みが激しくなってきたこと。

 汚れを落とすのなら、消しゴムを使う方法があるが、これが結構重労働

 ロッドグリップクリーナーというのも使ってみましたが、あまりきれいにならない?
 グリップを傷めないというのでは、良いのかもしれないが・・・

 やっぱり、汚れを落とすのであれば中性洗剤で ゴシゴシゴシ!
PB010185_convert_20081116172816.jpg
 これ、最強! 掃除の基本だね。
 
 次に、補修

 一度、ファイブコア社のコルクパテというのを使ってみたが・・・
PB010186_convert_20081116172912.jpg
 一見、良さそうに見えるが、グリップとパテの色が合ってない。
 パテの硬さもイマイチ。

  いろいろ、調べて マタギ社 の コルクペースト使い込みコルク色」 を使ってみることに・・・
PB100207_convert_20081116173043.jpg
 左がマタギ社で、右がファイブコア社。 
 今度は黒すぎる・・・

 結局、ファイブコア社の物に絵具を混ぜて色合わせすることに
PB140214_convert_20081116173313.jpgPB140215_convert_20081116173426.jpg
 絵具はダ〇ソー物。写真は「茶」だけですが、「黒」も使いました。
 木工用ボンドはパテの強度を増すために添加。

 色合わせしたパテを、すり込むように付けて1日ほど乾燥!
PB100208_convert_20081116174232.jpg
 注) ブランクや金具にはマスキングするように!
 
 紙ヤスリで削って・・・
PB100212_convert_20081116174341.jpg
 注) 荒いヤスリだとコルクまで削ってしまいます。写真は600番ダイソ〇物
    濡れタオルで、軽く濡らすと作業がはかどります。

 ある程度、余分なパテを除去できたら、濡れタオルで軽く濡らし、
PB100211_convert_20081116174531.jpg

 乾燥したタオルで強く拭けば
PB100213_convert_20081116174941.jpg
 こんな、感じ・・・良さそうに見えるが、やっぱり色が合わん

 それに、一本ごとに色合わせをしなければならないので作業が大変!
 新品に戻るわけでもないし・・・また、洗えばパテが落ちるし・・・
 

 そもそも、コルクというのが、いかん! 素材が良くない
 
 EVAじゃトラウトという感じじゃないし、ウッドグリップも、やっている人いるからインパクト無いし・・・

 いっそのこと、ヘラ竿みたいに糸でグリップ巻いて「純・日本仕様」なんて、作っちゃおうかなぁ
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
竹と藤巻き、なんてのも純和風な感じがして良いかもしれませんね♪
はじめまして、ばでぃおさん!

竹と藤巻きですか・・・
かなり、高度な「技」が必要になりそうですね~(笑)
さらに高度に、桜の皮巻いたりしてみますか(笑)
もちろん、ロッドエンドは南部鉄器(爆)

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード