• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

動画撮ってみる②

前回の動画「荒雄川の虹バス(笑)①」では、一日に3回しか見れないのに、650回を超える視聴
ありがとうございます。

さて、マイクロSDは、頑張って32GB以上を買うとして、次に悩むのは画素数やその他の設定です。

HX-A500には 
3840×2160/30p : 4K
1920×1080/60p・30p : ハイビジョン
1280×720/60p・30p : 高画質なインターネット画質
848×480/30p : インターネットに早くup出来る画質

等、色々あるのですか、保管方法をどうするかによって、画素数の判断になると思います。

私は、編集してDVDに納めることを考えているのですが、試してみると1920×1080/60pで、DVDに記録できる時間と容量は、23分・4GB程。
いくら編集するとしても、23分という時間はちょっと辛い。
今後の設定画素は1920×1080/30pになりそうです。

それから、設定機能として「傾き補正」と「ブレ補正」ですが、3840×2160/30p・1920×1080/60p・1280×720/60p、または、ワイド画面だと、設定できないほか、視野が狭くなります。

視野の広さ感覚は
広い 3840×2160/30p ≒ 1920×1080/60p・30pワイド画面 = 1280×720/60p・30pワイド画面
普通 1920×1080/60p・30pスタンダード画面 = 1280×720/60p・30pスタンダード画面
狭い 1920×1080/30p傾き・ブレ補正 = 1280×720/30p傾き・ブレ補正
です。

視野の幅感覚と、動画的にはロッドのディップが見えた方が良いので、補正無しのスタンダード画面か、ワイド画面になります。

視野の広さ感覚を動画にしてみました。
[広告] VPS

(動画にしたら、分りずらいかな???)

それに、傾き補正・ブレ補正をすることで、速い動きについてこれず、かえってゆれている様な気がします。
(最新機種のHX-A1Hに、傾き補正・ブレ補正を付けなかったのは、ここに原因があるのでは・・・)

動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正強・ブレ補正有
[広告] VPS


今回は、ここまで。

次回は実践編かな?
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード