• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

動画撮ってみる④

動画て、沈黙したままだと退屈になるんで、頑張って話しながら釣りしています。
(他の人から見れば、独り言しながら釣りをする変人に見えるだろうな。)
セリフを考えながら話しているんで、動画には「え~~~」という言葉が多いス(笑)

動画状況を気にしながら、セリフを考え、魚を掛ける・・・
大変でした・・・

さて、動画を撮ったら、多少編集します。
編集しないという手もありますが、ダラダラしたものだと退屈なものになります。

自分はHX-A500の方だけダウンロード出来る HD Writer WE 2.0 で、勉強中です。
PC200541_convert_20151220112741.jpg
これまでの動画は、このソフトで編集したものです。

機能的には、必要最小限。
出来ないことを書いてみると
①ショートムービーストーリー(HX-A500 画面設定の動画参考)以外、効果音・BGMがありませんので、素材を探さなければなりません。とりあえずフリーソフトを活用。
 ただし、BGMの長さが10秒以上必要なので、瞬間的な効果音を入れることは出来ない。
②ショートムービーストーリー以外、同じ画素数/フレームレートでなければ、結合編集は出来きない。
③画素数/フレームレートの変換は3840×2160/30pから1920×1080/30pしか出来ない。
④動画容量が、DVD-Rの容量より多くても、エラーが出ない。そのまま書き込みが開始し、途中で動画が切れることになる。
 (DVD-Rの書き込み容量は3.99GB 1920×1080/30pだと40分程)


それから動画の確認は、スマホでもできます。
Image Appというアプリをインストールすると、Wifi機能で確認できる他、カメラの操作も出来ます。

連続使用または、スマホを危険にさらす可能性が低い方はHX-A1H + スマホ操作の方が、使いやすいかもしれません。

私は動作時間を少しでも長くするため、WiFi機能を使用しないことを選択した他に、昼休みにはスマホ用の予備バッテリーで追い充電しながら、スマホで動画確認していました。


最後の動画は61cmを釣った時の、ヒット+ファイティングシーン!
画面はスタンダードなのですが、外側の画像が魚眼ぽくなっても、ワイド画面方がよさそうです
動画データ 画数素/フレームレート1920×1080/30P スタンダード画面 傾き補正無し・ブレ補正無し
[広告] VPS


ウェアラブルカメラについては、以上
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

〇’バラ

Author:〇’バラ
ゴロゴロゴロ・・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード